10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.05.08/Fri  23:31:34

 
RUGBICS 
 

RUGBICSという言葉をご存知ですか?
知るはずがありませんね、今作りました。
ラグビーの普及を促進するため、RUGBICS(ラグビー学)というものを創りました。
ここから先は空想です。

ラグビー学は、主に次の5つの分野で構成されます。

 ・ラグビースキル論
  :ラグビーに必要なスキルとそのトレーニング方法についての研究
 ・ラグビーゲーム論
  :試合の中で必要な知識とその事例を研究
 ・ラグビーフィジカル論
  :ラグビーに必要な筋力や持久力の研究
 ・ラグビールール論
  :ルールの進化とルールの応用を研究
 ・ラグビーチーム論
  :よいチームを作る方法を研究

また、これらと密接に関連する分野として

 ・ラグビー精神論
 ・ラグビーヒストリー

などがあります。

今日は、ラグビーゲーム論の内容を簡単に説明します。
「ラグビーゲーム論」という有名なテキストがあるのでその目次をご紹介します。

1.ゲームの流れ
 ・ウォーミングアップ
 ・キックオフ
 ・ハーフタイム
 ・ノーサイド
2.ラグビーの戦術
 ・キック重視 ~アップ&アンダー~
 ・FW重視 ~重戦車~
 ・BK重視 ~ノーラックノーモール~
 ・セオリー
 ・コンプライアンス
3.ATシステム
 ・陣地の獲得
 ・サインプレー
 ・シーケンス
4.DFシステム
 ・陣地の回復
 ・DFの種類
 ・ターンオーバー
5.ゲームマネージメント
 ・SOの仕事
 ・コミュニケーション
 ・駆け引き
6.勝敗
 ・ボールポゼッション
 ・エリアポゼッション
 ・ペナルティとPG
 ・ミス判断、ミスプレー
7.ゲームの後
 ・スタッツ
 ・課題の克服

以上。

ひまつぶしも以上。
スポンサーサイト
category: 日記
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。